“地域への愛着”研究プログラム

投稿者: | 2018年6月16日

6月16日(土)より4回コースで居住地の吉川市にて、東北大学医学部と吉川市の共同実践研究事業「どのように地域への愛着づくりを推進するか」を研究する目的のプログラムに参加しています。

健康増進プログラム

(“地域への愛着”を育む健康増進プログラムの開発研究)

地域、年齢限定の研究ブログラム、少しでも大好な地元吉川市のお役にたてれば嬉しいと思っています。更に、一番の楽しみは参加者の皆様と吉川の写真集を作ること!早速、新しいご近所さんと嬉しい出逢いもありました…一歩外へでるとまた違う世界が繋がっていますね。

本日第1回目は、プログラムの説明やアンケート、自己紹介等…そして、東北大学大学院 大森純子先生の『“地域への愛着”と私たちの健康』を聴講しました。

いいなぁと思ったのが…“自分なりの元気でいい” 個人レベル・ご近所レベル・お互い様…無理なく ですよね~

“人は死ぬまで成長できる生き物” “成長課題はずっと持ち続けられる” ぴんころでいきたいですよね~

また、聖路加国際大学の三森寧子先生、順天堂大学の酒井太一先生、長野県立大学の宮﨑紀枝先生はじめ、吉川市の担当職員の皆様ともとても気さくにお話までさせていただきよい時間を過ごしました。

健康増進プログラム

(大森先生はじめ研究班の先生方とご一緒に)

自分の人生最後の仕事はこの大好きな地域に自分なりに貢献して終わることが目標です。それまでまだまだ頑張らないと(笑)

来週はいよいよ写真集作成です!

SNS Link Sharing