【8/5開催予定】歯科医院で取り組む感染対策

投稿者: | 2018年6月30日

安全で安心な医院づくり

勤務先の歯科医院でいらっしゃる患者さんに…消毒コーナーお見せできますか?

皆さんの通院されている歯医者さんはどんな環境ですか?

平成30年度の診療報酬改定で歯科外来診療における院内感染防止対策の推進において、歯科初診料および歯科再診料が引き上げになり、それとともに施設基準が新設されています。

平成30年度診療報酬改定

平成30年度診療報酬改定

今回、“DHP特別企画セミナー第一弾“としまして8月5日(日)に日本歯科新聞社にて『歯科医院で取り組む感染対策』を開催いたします。

歯科医師向けの研修が受講できずに、先生方からは多くのお問い合わせがございます。
9月末の受講期限が来春まで延期になっております。
ただ、この改定は本来は先生だけでなく医院スタッフ全員で理解し実行していくものといつも考えています。

院内感染防止対策の施設基準

(セミナーにて説明させていただきます)

医院の感染防止対策に時には大きな環境対策や機器購入など時間も経費もかかります…これは絶対に理事長や院長でないとダメですね。
でも、実際の院内の毎日の環境整備や器具の消毒や滅菌には絶対に医院スタッフの皆さんの行動がキーとなります。どんなに設備が整っていても人が動かなければ感染管理は皆無です。
反対に小規模で既存の機器でも、学んで得た正しい知識を持って自分たちができる最大限で工夫している医院のスタッフさんの感染管理に感動することもあります…できることから

DHP特別企画セミナー

(島崎豊先生のご講演内容を明日からの院内感染対策に!)

まずは “自分と患者さんのための院内感染対策”

受講の次の日から院内感染対策を行動にするために、先生とスタッフ皆さんが一緒に最新の感染管理の正しい知識と情報を共有していただければと願っています。

お気軽にお問合せください。ご参加お待ちしております。

SNS Link Sharing