第4回 口腔教室

投稿者: | 2019年3月10日

本年度は、1月より地元の埼玉県吉川市健康長寿部長寿支援課様よりご依頼いただき、地域の皆様に口腔教室を開催しております。

4回目の2月18日(月)は、中野二区會館にてお話をさせていただきました。

吉川口腔教室

(仲良し中野2区町会の皆様とお口の話:真面目な聴講姿勢に改めて感動しています)

高齢者の方が口腔衛生や口腔機能向上の必要性を理解し、低栄養状態や脱水、口腔疾患等を予防することで要支援・要介護状態となることを防ぐ。また、口腔衛生の必要性について、普及・啓発を目的としています。

吉川市口腔教室

(人生100年時代楽しく齢を重ねるために~口かはじめる健康長寿~)

吉川市は地域型介護予防教室など地域、自治会などの活動とうまく連携して、口腔機能向上の必要性や口腔清掃の自立、摂食・嚥下機能等の向上支援に力を入れています。吉川市の健康づくり体操『なまらん体操』の中には『なまらん口腔体操』というお口のための体操もしっかり組み込まれています。

吉川口腔教室

(吉川なまらん体操…パタカラ♪線路は続くよどこまでも~歌いながらのなまらん口腔体操)

ご参加の皆さんとお話をしていますと、このような地域の活動に参加されいる方はやはりお元気だという印象をいつも受けます。講演の後半には『なまらん口腔体操』であいうべ体操やパタカラ体操も取り入れて口腔周囲筋や唾液腺をたくさん刺激しました。

吉川市口腔教室

年齢を重ねる中で、日常生活の中で、「フレイル」や「オーラルフレイル」を知って注意して健康長寿!日々楽しく美味しいものを食べられる毎日を過ごしてほしいと心から願っています。

吉川市口腔教室

(無理なく楽しく継続していけるといいですね)

講演にあたり、あいうべ体操の考案者の今井一彰先生から、あいうべ体操カードを参加者人数分無償でいただいています。今回もインフルエンザで欠席の方もいらして高齢者の罹患は特に重症化にならないよう心配です。ご参加の皆さんには特に“鼻呼吸とあいうべ体操で舌を鍛え正しい位置に”をご理解いただき、同居のご家族と一緒に予防対策の一つとしてぜひ取り入れてほしいと思います。

吉川口腔教室

(講演後皆さんと:たくさん一緒にお話しできて楽しい時間でした)

集合写真の前列向かって左から2番目のご婦人はなんと!96歳‼おひとりで歩いて会場まで、講演中もずっと笑顔でしっかりとお話を聞いていただき、一緒に口腔体操もやっていただきました。アンケートの質問で健康の為にやってることは?「毎日いいと思うことを続ける、私はラジオ体操を毎日やっている」…健康長寿な大先輩にはたくさん学ぶことがありますね。他ご参加の皆さんも、健康意識も高くとにかくお元気で一緒にいっぱい笑ってお話して、今回もこちらの方が若いエネルギーをたくさんいただきました。

吉川市の関係者の皆様のご協力にもいつも心より感謝しております。

横井

SNS Link Sharing