性の健康セミナー

投稿者: | 2020年2月12日

2月9日(日)JA共済ビルカンファレンスホールにて

第8回知っているようで知らない「性の健康セミナー」が開催されました。

医療従事者向けで、250席が満席のセミナー
講師は
一般社団法人日本家族計画協会理事長 北村邦夫先生
性の科学を駆使して性の悩みを解決する
咲江レディースクリニック 院長 丹羽咲江先生
「知ってナットク!性の悩みのいま~女性編~」
獨協医科大学 埼玉医療センター 准教授 小堀善友先生
「知ってナットク!性の悩みのいま〜男性編〜」
の3名の講師によるセミナーでした。
弊社でもご紹介したことのある、ラクレッシュとリューブゼリーなどが共催のジェクス株式会社様より
受講者へプレゼントされました。
一般社団法人日本家族計画協会様発行の資料も展示していました。
「歯科医院に置いたり、活用できる資料はないか?」と1点1点いただいてきました。
「産前産後のメンタルヘルス」、「女性のためのからだノート」
「ベビー防災」のチラシはお話のきっかけや、患者さんが手に取って頂きやすい資料だと思いました。
産後うつの話は、先日弊社セミナーで原田先生もお話されていました。
妊娠中から産後1年未満の女性の死亡原因で最も多い死因は「自殺」
「自殺」の主な原因としてあげられるのは「産後うつ」だそうです。
2015年1月1日から2016年12月31日までの2年間で亡くなった妊産婦の約3割が自殺で、
うち9割が出産後1年以内とのことです。
(「人口動態統計(死亡・出生・死産)から見る妊娠中・産後の死亡の現状」、国立成育医療センター、2018年9月)
各先生方の貴重なスライドを冊子でいただけました。
知っているようで知らない「性の悩み」最新情報を知る事ができましたので、
いろいろな切り口から歯科に繋げていければと思いました。
SNSなどで最近よく不妊症の原因が男性にもあることが話題になったりしていましたが、
実際の数値を目にしたことがなかったのでとても気になっていたのですが
今回小堀先生がWHOのデータをもとに
「不妊症の原因の半分は男性」というお話をされていたのがとても印象的でした。

「1988年WHO(世界保健機構調べ)」

貴重なご講演ありがとうございました。

SNS Link Sharing